« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月11日 (金)

2/16(水)/19(土) トランジション世田谷説明会

***************************************************
トランジション世田谷 説明会

日本のいくつかの地域で始まっているトランジション・タウン運動。
自然と共生する持続可能な暮らし・地域・社会へと、
自分たちの住んでいる街から自分たちの手で移行(トランジション)していこ
うというものです。
これを知った私たちは、自分たちの暮らす世田谷でも始めてみることにしまし
た。

昨年の1月に立ち上げをし、早いもので一年を迎えることが出来ました。
地域を知ること、地域での出会い、それぞれの顔の見えること、
お互いを知ることを大切に、ゆっくりとではありますが活動を重ね、
昨年12月には「ミツバチの羽音と地球の回転」【下北沢上映会】の上映会を開
催、
地域でつながっていく楽しさを感じることの出来た一年でした。

新たな出会いの中で、トランジション・タウン運動とは?
どんなことをしていくの?との思いを持っている方もいるのでは…と、
説明会を開催することにしました。

トランジション・タウン運動についての説明や
世田谷で一年の準備期間を経て感じていること、
参加して頂いたみなさまとの出会いを深める時間にも出来たらと思います。

ご興味のある方、ご都合のつきます方、是非ご参加下さい。


※みなさまに参加しやすいよう2日間の開催日時を準備しました。
開催内容はほぼ同じになります。ご都合の合う方へお越し下さい。

日時:2011年2月16日(水)20:00~22:00くらい
場所:ふろむあーすカフェ・オハナ
世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F(三軒茶屋)
03-5433-8787
http://www.cafe-ohana.com/index.html
参加費:ワンオーダーのみ

日時:2011年2月19日(土)15:00~17:00くらい
場所:気流舎
世田谷区代沢5-29-17 飯田ハイツ1F(下北沢)
03-3410-0024
http://www.kiryuusha.com/
参加費:ワンオーダーのみ

予約:両日とも予約なしで参加可能ですが、人数把握のため、
ttsetagaya@gmail.comにご連絡いただけると助かります。
参加日をお伝え下さい。


トランジション世田谷設立準備委員会
https://sites.google.com/site/ttsetagaya/home
NPO法人トランジション・ジャパン
http://www.transition-japan.net/


主催:トランジション世田谷設立準備委員会
***************************************************

2011年2月 2日 (水)

2/23 映画「幸せの経済学」試写会&トーク@池袋

○******* 懐かしい未来 主催*********************************○

 映画「幸せの経済学」完成試写会 & 
  ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん 来日特別トーク!

○******************************* 2011/2/23 立教大学 *******○

★お申し込み・お問い合わせ★
 第一部 http://kokucheese.com/event/index/7550/
 第二部 http://kokucheese.com/event/index/7554/

世界数十ヶ国でロングセラーとなっている『懐かしい未来』の著者であり、世界の
ローカリゼーション運動のパイオニアであるヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんの最
新ドキュメンタリー「幸せの経済学」が、 5年の歳月をかけ、ついに完成致しまし
た。ヘレナさんの来日にあわせて、2月23日に、 完成試写会&来日特別トークを開
催いたします。

トークゲストはサステナビリティー活動家の丹羽順子(koko)さんと、ドキュメンタ
リー映像作家の鎌仲ひとみさん。昼と夜の二部構成で、映画上映後、昼の部は丹羽
順子さんと【食・健康・子育て】をテーマに、夜の部は鎌仲ひとみさんと【お金・
働き方・エネルギー】をテーマにそれぞれトークを行います。
お2人を引き出し役に、現在国内外で起きつつあるローカリゼーション・ムーブメ
ントについて、またそれが社会全体や身近な生活のなかでどう関係しているのか、
そしていかに実現していくのか、といったお話していただきます。

また、見る人に気づきを与え続ける映画「懐かしい未来」ダイジェスト版も特別に
同時上映。物販では、長らくお待たせしました原著「懐かしい未来」の増補再版を
ついに発売!などなど、盛りだくさんのイベントになっております。

ヘレナさんの生のお話が聞ける貴重な機会、ぜひ奮ってご参加くださいませ。

───────────────────────────────
■プログラム内容
───────────────────────────────
日時  :2011年2月23日
     第一部13:30~17:00 (13:00受付開始)
     第二部18:00~21:15 (17:30受付開始)
会場  :立教大学 池袋キャンパス 14号館301教室
     http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
参加費 :一般 1,000円 学生 500円 (当日払い) プレス関係者ご招待
定員  :第一部150名 第二部150名(先着順)(入れ替え制)

第一部
13:30-14:00 「懐かしい未来」ダイジェスト版 上映
14:00-15:20 「幸せの経済学」上映
15:30-17:00  ヘレナさんトーク テーマ【食・健康・子育て】
                ゲスト:丹羽順子さん
第二部
18:00-18:30 「懐かしい未来」ダイジェスト版 上映
18:40-19:50 「幸せの経済学」上映
20:00-21:15  ヘレナさんトーク テーマ【お金・働き方・エネルギー】
               ゲスト:鎌仲ひとみさん

主催  :NPO法人 懐かしい未来
共催  :ヘレナさん来日上映会実行委員会、トランジション・ジャパン
映画配給:ユナイテッドピープル

───────────────────────────────
■映画「幸せの経済学」あらすじ
───────────────────────────────
これまで世界では、国の豊かさを測る指標として 「GNP(国民総生産)」などが
使用され、 経済成長を遂げることが豊かな国の定義だと信じられてきました。
しかし近年、ブータン先代国王が提唱した「国民全体の幸福度」を示す指標「
GNH」(国民総幸福 H=Happiness)など、自然の豊かさや心の豊かさなどを考
慮に入れた指標が数多く提唱され、「モノではない豊かさ」について 多くの人
が関心を持ち始めるようになりました。 この映画は、「開発」という名の近代
化・消費文化の波に翻弄される ラダックの人びとの姿を追いながら、世界中の
環境活動家たちが グローバリゼーション・社会構造の問題点と「本当の豊かさ
とは何か」について紐解いていく内容です。 その中で監督のヘレナさんは、
ローカリゼーションの促進が、 切り離されてしまった人と人、人と自然とのつ
ながりを取り戻し、 地域社会の絆を強めていくと語ります。 実際に世界では持
続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティ構築が 広がりつつあり、映画の
後半では、そのムーブメントの事例を紹介しています。既存の世界経済体制が
限界を見せ始め、新たな社会のあり方が模索される中、 持続可能で幸せな暮ら
しをどう作っていくべきなのか。 そのヒントは、土地の自然や人との繋がりか
ら生まれた日本の伝統文化の中にも あるのではないでしょうか。 この映画は様
々な気づきを我々に与えてくれるでしょう。
 映画『幸せの経済学』日本語HP http://www.shiawaseno.net/
───────────────────────────────
■トークゲスト プロフィール
───────────────────────────────
--------------------------------------------------------------
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ( Helena Norberg-Hodge )
--------------------------------------------------------------
スウェーデン生まれ。 ISEC(エコロジーと文化のための国際協会)創設者、
代表。 世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニアで、 グローバル経
済がもたらす文化と社会に与える影響についての研究者の 第一人者。1975年、
インドのラダック地方が観光客に開放された時、 最初に入った海外からの訪問
者の一人で、言語学者としてラダック語の 英語訳辞典を制作。以来、ラダック
の暮らしに魅了され、 毎年ラダックで暮らすようになる。 そしてラダックで暮
らす人々と共に、失われつつある文化や環境を保全する プロジェクトLEDeG (
The Ladakh Ecological Development Group)を開始。 この活動が評価され1986
年に、もう一つのノーベル賞と知られ、 持続可能で公正な地球社会実現のため
に 斬新で重要な貢献をした人々に与えられるライト・ライブリフッド賞を 1986
年に受賞。ダライ・ラマ法王やブータン国王の訪問も受けている。 著書『懐かし
い未来(Ancient Futures)』は日本語を含む 40の言語に翻訳され、世界各国で
高い評価を得ている。その他に、辻信一との共著『いよいよローカルの時代?ヘ
レナさんの「幸せの経済学」』等がある。
 ISEC http://www.isec.org.uk/

--------------------------------------------------------------
丹羽順子 (第一部)
--------------------------------------------------------------
フリーランスのサステナビリティー活動家、ラジオDJ、ドキュメンタリスト。2
歳の娘の母。 NHK勤務後、ドキュメンタリストとして海外を飛び回る。 出産後
は都心から鎌倉へ生活の拠点を移しオーガニックなライフスタイルを開始。古着
の交換会「xChange」や、鎌倉を持続可能にする「NPOかまわ」を立ち上げ、新
しい社会のデザイン作りに励む。現在はGreen TVジャパンの映像制作やラジオ
パーソナリティとしても幅広く活動。
 KOKO ONLINE http://www.junkoniwa.net/
 LOHAS SUNDAY (J-WAVE) http://www.j-wave.co.jp/original/lohassunday/
--------------------------------------------------------------
鎌仲ひとみ (第二部)
--------------------------------------------------------------
ドキュメンタリー映像作家。エネルギー問題などを切り口に、未来の社会ビジョ
ンを問う作品を提示している。大学卒業後、フリーでドキュメンタリーの現場へ
入り、カナダ、米国などで活躍。NHKで医療、経済、環境をテーマに番組を多数
制作し『エンデの遺言?根源からお金を問う』の制作にも関わる。監督映画とし
て『ヒバクシャ?世界の終わりに』、『六ヶ所村ラプソディー』、2010年には『
ミツバチの羽音と地球の回転』を発表、全国何百カ所を超える自主上映会や劇場
公開により広がっている。
 映画『ミツバチの羽音と地球の回転』http://888earth.net/
--------------------------------------------------------------

2/4,5 ポスターセッション@藤沢

Ttposter

2/4(土)-5(日) 神奈川県藤沢市の日本大学生物資源科学部で開催される 
国際シンポジウム「持続可能な環境とコミュニティの創造学」 のポスターセッションに
トランジション・ジャパンとトランジション鎌倉が参加します

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ