« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

6/10 ジモト会場でサテライト参加しませんか?

みなさまこんばんは。
まるじゅん@おきのわ(トランジションおきなわ準備会)&TJです。

6/10のシンポジウム、いよいよ来週末に迫りました。
昨年のシンポとは打って変わって、
今年の主役は各TTの注目の最新事例そのものです。

ブース参加してくださる各TTでは、着々と準備が進んでいます。
日本の事例紹介映像チームも最後の追い込み、がんばっています♪

東京の本会場にGO!か、
ジモト会場でサテライト参加か、
もう決まりましたか?

転送・転載大歓迎です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 シンポジウム「トランジション・タウンのつくりかた」

 東京の本会場と全国あちこちの会場を結んで多次元同時開催!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ジモトの仲間とつながって、
楽しく無理なく少しずつ、
エネルギーや食と農の自給、
お金万能の世界からのシフトをワクワク実現していくトランジションタウン。

「そういうこと、できたらいいと思うけど、
 まずなにをどうしたらいいの?」

NHKにも登場の藤野電力やたいよう講、
各地で元気いっぱいの地域通貨の仕掛人たち、
話を聞きたかったあの人やこの人が
6/10(日)、一堂に会してトークを展開します。

最新事例の映画上映や実践者たちのトークで、
日本の、世界のトランジション・タウン最前線を体感しませんか?

当日は新しい試みとして、
Ustを利用して東京の本会場と各地のサテライト会場を結び、
全国同時多次元開催を予定しています。

Ustのチャット欄(ソーシャルストリーム)を利用して、
全国のTTまたはTT予備軍的なみなさまからの
質問やコメントも可能な2WAY展開も計画中です。

当日は東京の本会場に駆けつけるか、
ジモト会場でのサテライト開催を企画するか、
さて、どちらでいきますか?

*東京の本会場イベント詳細
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/610-fcae.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 サテライト会場での開催を大募集します!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回のシンポジウムで、トランジションジャパンは初の試み、
東京の本会場と全国あちこちのサテライト会場を結んでの多次元同時開催にチャレンジします。

このおみこしをいっしょにかついでくださる各地TTまたは有志グループによる
サテライト会場での開催を大募集します。

この日のこの実験に参加してくださるみなさまには、
映画『In transition 2.0』の鑑賞部分も含め、
すべてのコンテンツを無料配信の予定です。

今回は初の試みということで、
プロの方に有償ボランティアで配信をお願いし、
事前にテストもおこなうなど、
当日の配信成功のための最大限の努力はしていますが、
万一配信がうまくいかなかったり、
音声が聴きづらいなどの問題が生じた場合はどうかご容赦ください。
(サテライト会場費の補償等できかねますのでご了承ください)
次回さらによりよいものにしていくためのフィードバックやアイデア、
いつでも大歓迎です。

<申し込み・お問い合わせ>
サテライト会場での開催に手を挙げてくださる方は、
6/6(水)までに、

transitionjapan☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください)

TT名またはグループ名と簡単な自己紹介を添えて

にお申込みください。

*当日の配信は限定公開となりますので、詳しい参加方法、パスワードなどをお知らせします。

<当日準備するもの>
・会場
・ネット環境(動画配信可能な高速回線が必要です)
・上映用バソコン
・チャット用パソコンまたはスマートフォンなど(上映用PCとは別にご用意ください)
・プロジェクタ
・スクリーン
・上映に必要なケーブル類や延長コード
・広い心と好奇心♡

<参加費>
各サテライト会場で自由に設定してください。
(東京の本会場では1000円です)
ジモトでのTT活動に役立てていただくほか、トランジションジャパンへのカンパも大歓迎です。
(といいつつ、無料または激安価格で設定し、配信が成功してからカンパのお願いをするのが無難かもしれませんが…^^;)

<広報文サンプル>
ご自由に加工してお使いください。

+++++

映画上映会&トークイベント
『トランジション・タウンのつくりかた』
 ~持続可能なまちづくりへの事例紹介~

ジモトの仲間とつながって、
楽しく無理なく少しずつ、
エネルギーや食と農の自給、
お金万能の世界からのシフトをワクワク実現していくトランジションタウン。

「そういうこと、できたらいいと思うけど、
 まずなにをどうしたらいいの?」

NHKにも登場の藤野電力やたいよう講、
各地で元気いっぱいの地域通貨の仕掛人たち、
話を聞きたかったあの人やこの人が一堂に会してトークを展開。

最新事例の映画上映や実践者たちのトークで、
日本の、世界のトランジション・タウン最前線を体感しませんか?

当日は新しい試みとして、
Ustを利用して東京の本会場と地方のサテライト会場を結び、
全国同時多次元開催を予定しています。

Ustのチャット欄(ソーシャルストリーム)を利用して、
全国のTTまたはTT予備軍的なみなさまからの
質問やコメントも可能な2WAY展開も計画中です。

《日時》 6月10日(日)13:00 ~ 19:00(12:30開場)

《場所》

《アクセス》

《参加費》

《プログラム》

第1部 リアルタイムで本会場からの配信動画を鑑賞・参加しよう。質問やコメントもOK。

13:00 トランジション・タウンとは
13:30 映画『In transition 2.0』上映(1時間)
15:00 日本各地の事例紹介 (30分)
15:30 実践者によるトークタイム
   ・『コミュニティはじめます』
   ・『地域通貨シンポジウム』
   ・『エネルギーシフト』  など
16:45 各地のトランジション・タウン ブース交流会
17:30 (ネット配信はここまで)休憩

第2部 参考になったこと、疑問点、自分たちの地域でやってみたいことなど話してみよう。

17:45 交流会
19:00 閉会

《申込方法》

※映画『In Transition 2.0』(『トランジション進行中2.0』)とは?

2012年、Transition Network制作 1時間6分

いま住んでいる地域をコミュニティの力を合わせて活動することで、
持続可能にしていくこと。それがトランジション・タウン。
すでに世界1800地域、日本では25を超える地域がトランジション・タウンとして
名乗りをあげ、あるいはその準備を始めています。
『In Transition 2.0』は、日本語に訳せば『トランジション 進行中 2.0』。
イギリス、アメリカ、ポルトガル、ニュージーランド、インド、日本など
世界各地の多岐にわたる取り組みが紹介されているドキュメンタリー映画
です。

トランジション運動の始め方から地方自治との協働まで。
顧客が出資するパン屋さん、地域の発電所つくり、といった先進的な取り
組みと同時に、空き地や駅のホームに菜園を作ったり、村を清掃したり、
家の壁を塗り替えるだけでも、人が元気になる、地域に活気が出てくる。
そんな、トランジション・タウンの魔法ともいえる事例もたっぷり。
この映画を見たら明日からでも自分の住んでいる地域で始めたくなるかも
しれません。
日本からは藤野電力の活動が紹介されています。

主催:NPOトランジションジャパン
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/

共催:明治学院大学国際平和研究所
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/

共催:トランジション・ネットワーク in ジャパン

連絡先:transitionjapan☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください)

2012年5月17日 (木)

「持続可能な未来づくり全国フェスタ2012 in 信州上田」映像追加

TheTransitionTVチャンネル

◆持続可能な未来づくり全国フェスタ2012 in 信州上田
http://youtu.be/xiuuVmoqPWI

を追加しました。

今年2月に開かれた持続可能な未来づくり全国フェスタ2012 in
信州上田でプレゼンがあった、太陽光パネル「相乗りくん」PJを
立ち上げたふじかわまゆみさんから以下のメッセージが届いた
のでシェアーします。

**********************************************
上田市のふじかわまゆみです。

原発のない節電の夏です。
わたしたちにできる20%節電の提案です。

以下、転送・拡散大歓迎です。

***

<この夏大飯原発いらない節電アクション>

見切り発車みたいな大飯原発再稼働を止めるために今すぐできること、あります。
原発依存度の高い関西電力に電気を融通するための節電アクションです。
ぜひ拡散してください。

〜熱を電気で作らないで20%節電〜

長野県の節電カフェからの提案です。
節電カフェは長野県東信地域で節電について考える有志の集まりです。
中部電力管内に住んでいます。

関西電力と送電線がつながっている中部電力・中国電力・北陸電力管内で節電
を盛り上げて、関電に電気を融通しまししょう〜

〜節電するなら電気で熱を作るのやめる〜

<家庭編>
(1)炊飯器をやめて土鍋でご飯を炊く。保管はタッパで冷蔵庫。温めは蒸して。
(2)毎朝のオーブントースターをやめる。ガスコンロのグリルでパンを焼く。(焦げや
すいので注意・魚臭くないですよ。)
(3)電気ポットをやめる。
(4)暖房便座をやめる。布のカバーで十分。
(5)夏の間はドライヤーをやめる。扇風機でOK。

以上で15〜20%の節電☆
実行して去年の電気代と比べてみましょう。
月7000円の電気代なら6000円以下に!

<地域編>
(1)百貨店、スーパー、高速のサービスエリアの暖房便座のスイッチを切ってください
と電話やメールをする。
夏はいりませんよね。
※地域でできる節電、ご存じの方どうぞ発信してください。

今すぐわたしたちにできること、一緒に広めてください!
もちろん関西電力管内のみなさんもごいっしょに☆

2012年5月 5日 (土)

メルマガ(第21号 2012.05.05)

○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
 Transition・Town・News
トランジション・タウン・ニュース(第21号 2012.05.05)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

トランジションジャパンが発行する、トランジション・タウン・ニュース
満月通信です。
今回の満月は特に大きなお月様だとか、どうぞ空を見上げてみてください。
月に一回の予定でお送りしています。
どうぞ、よろしくお願いします。

==============================================
1、トランジション・ジャパンより
6/10『トランジション・タウンのつくりかた』のご案内
2、トランジション・タウン・ニュース
  【トランジション小金井】
  【トランジション世田谷・茶沢会】
  【トランジションタウンたま】
  【トランジションタウン鴨川】
  【トランジション大坂】
  の活動をご案内します。
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1、トランジション・ジャパンより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/10『トランジション・タウンのつくりかた』のご案内

トランジションタウンって何?
どのような活動をしているの?
私にもできるかしら?
そんな方へご案内します。

持続可能な暮らしを目指して活動している事例をたくさん紹介したいと思
っています。どうぞ、ご参加ください。

+++++

映画上映会&トークイベント
『トランジション・タウンのつくりかた』
 ~持続可能なまちづくりへの事例紹介~

《日時》 6月10日(日)13:00 ~ 17:30
(12:30開場)
《場所》明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区)
http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/
パレットホール
《アクセス》
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/index.html
《参加費》1,000円

《プログラム》
13:00 トランジション・タウンとは
13:30 映画『In transition 2.0』上映(1時間)
15:00 日本各地の事例紹介 (30分)
15:30 実践者によるトークタイム
   ・『コミュニティはじめます』
   ・『地域通貨シンポジウム』
   ・『エネルギーシフト』  など
16:45 各地のトランジション・タウン ブース交流会
17:30 閉会

18:00 懇親会(学内で開催。2000円別料金)
ご参加の方は、マイ皿、マイはし、マイコップをご持参ください。

《申込方法》
下記のフォームよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2a209378141731

※『In Transition 2.0』(『トランジション進行中2.0』)
2012年、Transition Network制作 1時間6分

いま住んでいる地域をコミュニティの力を合わせて活動することで、
持続可能にしていくこと。それがトランジション・タウン。
すでに世界1800地域、日本では25を超える地域がトラ
ンジション・タウンとして
名乗りをあげ、あるいはその準備を始めています。
『In Transition 2.0』は、日本語に訳せば『トランジショ
ン 進行中 2.0』。
イギリス、アメリカ、ポルトガル、ニュージーランド、インド、日本など
世界各地の多岐にわたる取り組みが紹介されているドキュメンタリー映画
です。

トランジション運動の始め方から地方自治との協働まで。
顧客が出資するパン屋さん、地域の発電所つくり、といった先進的な取り
組みと同時に、空き地や駅のホームに菜園を作ったり、村を清掃したり、
家の壁を塗り替えるだけでも、人が元気になる、地域に活気が出てくる。
そんな、トランジション・タウンの魔法ともいえる事例もたっぷり。
この映画を見たら明日からでも自分の住んでいる地域で始めたくなるかも
しれません。
日本からは藤野電力の活動が紹介されています。

主催:NPOトランジションジャパン
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/
連絡先:transitionjapan☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2、トランジション・タウン・ニュース
  今回は国内5地域のトランジション・タウンからの活動紹介です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トランジション小金井】
http://ttkoganei.exblog.jp/

地球の詩(うた)~スライドとお話し~
私たちトランジション小金井は5/9に世界100カ国を自転車で駆け回り、
様々な場所で講演などを開き活躍していらっしゃる松本英揮(まつもと
ひでき)さんをお招きして「地球の詩」と題し、トークセッションを行
います。また、プログラムが終わった後には松本さんとともに懇談会を
開く予定です。皆様ぜひお越しください。
今回の内容
★チャリで走った120カ国9万km 地球の真実&未来エコデザイン&親父子育て
★大震災・原発事故・原発の現実、地球の真実・人類大過ちから素敵な時代へ
★欧州エコキャピタル&エコ韓流の素敵なシステム☆エネルギー&ゴミ&交通
★バイオマス元年・地産地消ジャパン・各地域で 素敵なエコデザインまちづくり
★微生物が人類を救う・米ぬかエイズプロジェクト
★15才息子と目指したアフリカ大陸1,000kmチャリ・・食育&チャリ育
★受験のない真に自由な時代へ 文科省への提言書
☆美・地球に舞う~♪

詳細
http://ttkoganei.exblog.jp/17479008/
・日時    5月9日 開場18:30 開演19:00 終了21:00
・会場    マロンホール
・参加費    500円

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【トランジション世田谷・茶沢会】
https://sites.google.com/site/ttsetagaya/

★1:5月27日(日) 「世田谷エネルギーシフト みんなの未来の教室」
 @下北沢 成徳学園ミモザホール
★2:5月9日(水) 「スマイル・レボリューション 笑顔の革命」
~鴨川の林さんとお話し会~ @ふろむ・あーすカフェオハナ

人と人、人と自然の幸せで心地よい未来に向けて、
地域でのエネルギー、食、人とのつながり…などなど、
の地産地消への模索をより楽しんで行きたく思っています!

みなさまとお会い出来るのを楽しみにしています。

どうぞお気軽に足をお運び下さい。

トランジション世田谷 茶沢会一同
~ 転送・転載歓迎
★1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世田谷エネルギーシフト みんなの未来の教室

自然エネルギーってどんな感じ?
エネルギーについて私ができることはあるの?

この青い空と太陽の下、私の暮らす街
エネルギーの地産地消を通して、
自分たちの手に暮らしを取り戻そう。

ヨーロッパのまちで、長野県飯田市や山口県の祝島で、そして東北支援
・復興の中で、自然エネルギーへの取り組みが各地で始まっています。
自然エネルギーって何ができるの?地域に取り入れるには?各地での具
体的な取り組みやノウハウのお話を聞きながら、地産地消のエネルギー
シフトをみんなで考えましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年5月27日(日)開場10:00

シンポジウム&ワールドカフェ
10:30~12:00 「地域で取り入れる自然エネルギー」
13:00~14:30 「いま世田谷で!パネリストとの対話と質問の時間」
15:00~17:00 ワールドカフェ&シェア・発表

会場:下北沢 成徳学園ミモザホール (世田谷区代田6-12-39)
   小田急線/京王井の頭線 下北沢駅西口徒歩4分、北口徒歩5分。

ゲスト
原亮弘(飯田市おひさま進歩エネルギー株式会社 代表取締役社長)
竹村英明(環境エネルギー政策研究所(ISEP)顧問/エナジーグリーン
株式会社副社長)
古屋将太(環境エネルギー政策研究所(ISEP)研究員)
徳江倫明(FTPS(株)代表取締役)
吉原毅(城南信用金庫理事長)
+
保坂展人(世田谷区長)

料金:予約¥1,000 当日¥1,200(学生:¥500)
主催:トランジション世田谷 茶沢会
後援:世田谷区、環境エネルギー政策研究所(ISEP)
協賛:城南信用金庫、パルシステム生活協同組合連合会
協力:下北沢商業者協議会、23区南生活クラブ生活協同組合、グリー
ンライン下北沢、エネルギーシフトを考えるデータバンク

予約・お問合せ : トランジション世田谷 茶沢会
ttsetagaya@gmail.com 090-9965-2374(浅輪)
※なるべくメールでのご予約をお願いします。お名前・電話・メール
アドレス・参加人数をお知らせ下さい。

★2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

加藤登紀子さんと共著で出版された
書籍『スマイル・レボリューション 311から持続可能な地域社会へ』
の著者林良樹さん。
千葉県鴨川市の里山に建つ古民家にて、芸術、農、地域通貨、教育、自然
エネルギーの活動を行っています。
マーケット(あわのわ)、地域通貨(安房マネー)など、地域でたくさんの
活動に尽力されています林さんに、311後における個人のライフスタイ
ルのシフト、そして地域社会のシフトをテーマにお話を頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「スマイル・レボリューション 笑顔の革命」~鴨川の林さんとお話し会~

2012年5月9日(水)
19:30 start(21:30 頃まで)
@ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

お話し:林 良樹(NPO法人うず理事長『鴨川エコビレッジ計画』
『あわのわコミュニティカフェ&マーケット』)

トーク内容:ビジョン・クエスト、スマイル・レボリューション、アース
アート、トランジション、地域分散、持続可能な生活、質疑応答などなど・・・

(共催:トランジション世田谷 茶沢会)

参加費:1000円 + 要オーダー * 要 予約

お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php

ナチュラル&ピースSHOP + オーガニック・ベジCAFE
ふろむ・あーす & カフェ・オハナ
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩3分, 246通り沿い1F)
Tel/Fax (03) 5433-8787
http://www.cafe-ohana.com/
Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★
トランジション世田谷・茶沢会 一同
https://sites.google.com/site/ttsetagaya/

長文お目通しありがとうございます。
また、みなさんとお目に書かれる日を楽しみにしています。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【トランジションタウンたま】
http://blog.livedoor.jp/plants427-tttama/

トランジションタウン高尾と共催で、上映会を企画しました。
どうぞお越しください。また、八王子近辺の方にお知らせください。

===========

「~3.11からの未来を描く~2本立て上映会@むみじか」のご案内

3.11以降私たちは、どう暮らすのか?子どもたちをどう守るのか?
というテーマに向き合わざるをえなくなりました。
ピンチをチャンスに変え、地域でつながり助け合い越えていく、
そんなビジョンを描くために、私たちに力を与えてくれる2つの映画を
上映します。
たくさんの方々とつながり、より良い未来を描きたいと私たちは願って
います。
どうぞご参加ください。

■「シェーナウの想い」
この映画は、ドイツ南西部の小さな街、シェーナウ市(人口2500人)の
住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギ
ー社会をこどもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民
による市民のための」電力会社を誕生させた
その軌跡をたどるドキュメンタリーです。(62分)

■「内部被ばくを生き抜く」
原発事故後の日本で、未来を、そして子どもたちを守りながら、
前向きに生き抜いていこうとするすべての人たちへ、
「内部被ばく」についてわかりやすく理解できるものをお届けしたい、
と、この1年鎌仲ひとみ監督があたためてきた作品です。
4/28日ついに完成です。(64分)

■日時:5/24(木)10:00?15:00

 第1部「シェーナウの想い」上映会&シェアタイム 
  10:00 受付開始
  10:30~11:31 「シェーナウの想い」上映
  11:31~12:00 レクチャーbyリプトンさん
          (トランジションタウン高尾)
  12:00~13:00 交流会・ランチタイム
            ベジカレー用意しています。
            軽食持ち込みもOKです?

 第2部「内部被ばくを生き抜く」上映会&シェアタイム
  12:30 受付開始
  13:00~14:00 「内部被ばくを生き抜く」上映
  14:00~15:00 交流会・カフェタイム
            
■参加費:第1部 500円
    :第2部 700円
     (資料代&鎌仲監督へのカンパ代)

 ランチ:ランチタイムベジカレー1食500円
       申し込み先着20名
       (参加申し込み時に申し込み下さい)

■会場:むみじか Mumijica <http://mumijica.com/>
 〒193-0845 東京都八王子市初沢町1299
 Tel 042-661-1634
 ●電車でお越しのばあい
 JR中央線、京王線 [ 高尾駅 ] 南口下車 南へ徒歩3分
 ●車でお越しのばあい
 駐車場はコインパークをご利用ください

■予約 http://kokucheese.com/event/index/36036/

主催:トランジションタウン高尾
   トランジションタウンたま

お問合せ  TEL:090-6167-1489(石川)
      Mail : nami.kondo427@gmail.com (近藤)

<トランジションタウンたま>
http://blog.livedoor.jp/plants427-tttama/
私たちは自然育児や手づくりの暮らし、自然体験活動などをしている子育
て中の母親達が集い、
「この活動を多摩地域で広げよう!」と活動をしています。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【トランジションタウン鴨川】
http://blog.livedoor.jp/plants427-tttama/

鴨川地球生活楽校が開校しました。
311を機に動き出した人たちと里山での密度の濃い
楽しい学びの場が始まりました。

4月のレポートをブログにアップしましたので、
少し長いですがお時間のある時に読んで下さい。
http://awanoniji.wordpress.com/2012/05/03/kamogawaearthschool/

林良樹

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【トランジション大坂】
http://transitionosaka.wordpress.com/

※5月6日のイベントのご案内です!

昨年のTTOてきとう塾第一弾で開催しました炭素循環農法の第一人者「百姓
もどきさん」のお話会、今年もブラジルから来日され、開催できることに
なりました。

今回は、TTOで開拓を始めたばかりの「バク笑畑」の見学とお話会のセット
です。
私たちの畑をもどきさんに見ていただき、評価、アドバイスもいただける
予定です。

詳細はTTOブログを参照ください。
http://transitionosaka.wordpress.com/

「バク笑畑」:
TTOで開拓を始めた門真市の住宅街のど真ん中にある畑です。
25年間の耕作放棄地の開拓を、あるご縁で炭素循環農法で開拓のお手伝い
をさせていただくことになりました。
炭素循環農法は、野菜を育てるのではなく土の中に生きた菌(バクテリア)
を育てる農法だそうです。
土の中でバクテリアがニコニコ笑って美味しい野菜を作ってくれて、笑い
の耐えない農作業ができて、
食べた人もみんな笑顔になる畑になったらいいなぁという想いの詰まった
畑です。

●編集後記
4/15のオールトランジションミーティングにはたくさんの方が参加してく
ださいました。密度の濃い時間を過ごすことができました。
ブログの方で、レポートを書きました。参考にしてください。
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-d6fe.html
続けて、6月10日には『トランジション・タウンのつくりかた』を開催しま
す。当日スタッフも募集中です。
どうぞ、みなさまご参加ください!
(トランジションジャパン/藤野 小山宮佳江)
*******************************************************************
編集・発行:特定非営利活動法人 トランジション・ジャパン
問い合わせ:transitionjapan@gmail.com
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/
◎トランジション・ジャパン ニュースのバックナンバーはこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000293823/index.html

6/10『トランジション・タウンのつくりかた』のご案内

トランジションタウンって何?
どのような活動をしているの?
私にもできるかしら?
そんな方へご案内します。

持続可能な暮らしを目指して活動している事例をたくさん紹介したいと思っています。
どうぞ、ご参加ください。

+++++

映画上映会&トークイベント
『トランジション・タウンのつくりかた』
 〜持続可能なまちづくりへの事例紹介〜

《日時》 6月10日(日)13:00 〜 17:30
(12:30開場)
《場所》明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区)
http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/
パレットホール
《アクセス》
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/index.html
《参加費》1,000円

《プログラム》
13:00 トランジション・タウンとは
13:30 映画『In transition 2.0』上映(1時間)
15:00 日本各地の事例紹介 (30分)
15:30 実践者によるトークタイム
   ・『コミュニティはじめます』
   ・『地域通貨シンポジウム』
   ・『エネルギーシフト』  など
16:45 各地のトランジション・タウン ブース交流会
17:30 閉会

18:00 懇親会(学内で開催。2000円別料金)
ご参加の方は、マイ皿、マイはし、マイコップをご持参ください。

《申込方法》
下記のフォームよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2a209378141731

※『In Transition 2.0』(『トランジション進行中2.0』)
2012年、Transition Network制作 1時間6分
ダイジェスト版はこちら。(6’30”)

http://youtu.be/dbec9BaGw9M

いま住んでいる地域をコミュニティの力を合わせて活動することで、
持続可能にしていくこと。それがトランジション・タウン。
すでに世界1800地域、日本では25を超える地域がトラ
ンジション・タウンとして
名乗りをあげ、あるいはその準備を始めています。
『In Transition 2.0』は、日本語に訳せば『トランジショ
ン 進行中 2.0』。
イギリス、アメリカ、ポルトガル、ニュージーランド、インド、日本など
世界各地の多岐にわたる取り組みが紹介されているドキュメンタ
リー映画です。

トランジション運動の始め方から地方自治との協働まで。
顧客が出資するパン屋さん、地域の発電所つくり、といった先進
的 な取り組みと
同時に、空き地や駅のホームに菜園を作ったり、村を清掃したり、
家の壁を塗り替えるだけでも、人が元気になる、地域に活気が出てくる。
そんな、トランジション・タウンの魔法ともいえる事例もたっぷり。
この映画を見たら明日からでも自分の住んでいる地域で始めたく
な るかもしれません。
日本からは藤野電力の活動が紹介されています。

主催:NPOトランジションジャパン
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/
連絡先:transitionjapan☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください)

共催:明治学院大学国際平和研究所
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/

地域通貨/TheTransitionTVチャンネル

TheTransitionTVチャンネルに
地域通貨の紹介がアップされました。

トランジション藤野・地域通貨「よろづ屋」ワークショップ
http://youtu.be/Bf1D_-3QpdA

2012年5月 4日 (金)

「オール・トランジションタウン・ミーティング」レポート

日時:2012年4月15日(日)
場所:中央区京橋区民プラザ
10:00~10:30 当日の流れ、簡単な自己紹介
・自己紹介~マッピング 
会場内で、日本地図状に参加者が移動
宮城・石巻が最北端~桐生~関東~大阪~九州・南阿蘇
近くにいる人2人一組になって、今日のオールTTミーティングへの期待を語り合う。
20120415_01

10:25~ 「イン トランジション2.0」上映
20120415_02

ディスカッション   3から4人のグループで感想をシェア
20120415_03

20120415_04

20120415_05

20120415_06
「映画の中では戸別訪問が印象的だった。こういう思いをもって生きているんです、と伝えられることが大事なのかな。」
「一人ひとりとつながることが大事で、大きくやろうとすると排除されてしまう人がきてしまうんじゃないかな。」
「政府ではおそすぎる。個人では限りがある、コミュニティーだったらやれる」という言葉が印象的!
などの意見がでてきました。
20120415_07

お昼をはさんで、各トランジションタウンの活動報告。
したまち、たま、小金井、桐生、大阪、葉山、世田谷・茶沢、藤野、鎌倉、府中、南阿蘇、杉並、石巻の紹介がありました。
したまち
20120415_08

桐生
20120415_09

14:55~16:15
トランジションのさらなる促進のために
~6月シンポジウムに向けて~

・オープンスペース、主旨
3.11以降世の中は変わった。世の中に必要とされる活動をトランジションタウンはやってきている。世界では活発になってきているが日本ではどうか?
日本は変化を「させられている」ような状況。トランジションタウンにとっては追い風、広げていきたい。

〈トランジションジャパンの機能〉
啓蒙活動
ネットワーキング
立ち上げサポート
TTトレーニング
トランジションジャパンだけでなく、みんなでトランジションジャパンが果たすべきことをやれたらいい。
日本にトランジションタウンを広げる意識を共有したい。
6月10日にトランジション・シンポジウムを企画している。各トランジションタウンの取り組みを発表する場にしたい。

・オープンスペーステーマ出し
1.映像チームで各地の映像を撮ってもらって、「イントランジション・ジャパン」を作りたい。

2、3・11以降、避けて通れない放射能の問題。放射能の問題はローカライゼーションと関係が深いし、避けては通れない。

3、エネルギーの地産池消

4、都会のトランジションをどうやっていくのか?都市のトランジションの可能性について

5、価値観が揺るがされていて、若い人が不安に暮らしている。どんな風に自分の未来を描けばいいのか?若い世代にどうやって教育をしていくのか。寺子屋をやりたいと思っているのでそんなことを話したい。

6、手作り・自分で作り出すことが、グローバリゼーションと相容れない関係。地域で生活をしていくことと、人にお任せで生きている生き方と、自分の手で作り出していくことを楽しんでいる人、生き方について話したい。

7、TTでやっていることが、雇用に結びつく可能性がないのか?設備等の導入をするようなことが起きた場合に、独自の市民の金融機関に取り組めないか?雇用と金融

8、どうやって広く人に伝えて行くのか。どんな素材が人に伝わるのか?お年寄りに伝わるような話や素材はどんなものか?お年寄りにも子どもにもわかる方法は?
20120415_10

・発表
20120415_11
このあとは懇親会へ。
話しが盛り上がり、ほとんどの方が参加しました。
ありがとうございました。
議事録:TTたまのバリさんとゆきのさん
(mikae)

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ